.
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
新しい記事
カテゴリ
過去の記事
携帯電話でのアクセスには
QRコードを ご利用ください
恒例の梅の収穫です!!
今年も和歌山県南部においしい梅を求めて
やってまいりました。


細川さんにお世話になって早くも13年になります。
今年は昨年より、やや少ないめだそうですが
ふっくら、きれいな南高梅が手に入りました。


天の恵みと梅農家の方々に感謝です。
2014.06.16 Monday | 21:45 | 工房からのおしらせ | comments(0) | maeda
岡山県産 清水白桃コンポ−ト
 今年も岡山県産 清水白桃入荷しました。
例年 人気のある高価な桃ですが
今年は天候の加減か?
より高値がついています。
きれいに水洗いして、
皮と種をとり、グラニュー糖のシロップで炊きます。
ガラス瓶に計量して
保存し、使用します。
毎年、白桃のゼリーに使ってますが
おいしい桃甘露なので
新製品も思案中です。
自家製蜜漬け白桃ぜりー
もうすぐできあがりです。
2013.07.20 Saturday | 19:32 | 工房からのおしらせ | comments(0) | maeda
工房内は梅の香りいっぱいです!!
みなべの南高梅がおいしそうな 何とも言えない
甘い香りを放って漬込みを待っています。

 

一粒づつ きれいに水洗いをします。
そして、湯むきして皮をむきます。


氷砂糖で作ったシロップで煮てガラスビンに詰めて保存します。


ガラスビンに保存すると中身の変化が
観察でき、熟成?育つ様子?おいしくなる変化?
・・・?が楽しめます。


約半分は湯むきせずに氷砂糖で
漬込みます。

この変化もおもしろいです。
梅からおいしいエキスがシロップににじみだすまで、
これから最低一年以上ひたすら待ちます。
今店頭に並んでます梅のお菓子や梅ジュースは
昨年、一昨年に漬けこんだ物を使っています。
若い頃は一年が待ちどおしかったですが、
今は えっ!もう一年! て感じです。

2013.06.24 Monday | 11:18 | 工房からのおしらせ | comments(0) | maeda
恒例の梅狩りに行って参りました!!
 今年も日本一のみなべの南高梅に
梅狩りに行って参りました。
いつも大変お世話になっております、
細川様の梅畑で収穫です。
ことしは昨年よりも梅の出来が良いみたいで
梅農家の方もホッ!っとされたようです。
農家の方々が手塩にかけて
育てた大切な南高梅をわけていただき
感謝です。
私たち菓子職が手をかけて
おいしいお菓子になるように・・・・。
粒よりのきれいな南高梅が手に入りました。
2013.06.20 Thursday | 21:27 | 工房からのおしらせ | comments(0) | maeda
紅玉りんご届きました!!
 今年も恒例の紅玉りんごの加工が
始まりました。
りんごの種類はたくさん
ありますが、弊店はこの紅玉に決めています。
きれいに洗って、皮を剥いて行きます。


クルクルまわしてきれいに剥けました。
小さく切って、グラニュー糖の蜜に浸して
いったん寝かせます。
すぐに使わないのはガラスビンで保存します。
さらに蜜を煮詰めて、りんごの
甘露をつくります。
あんこに玉子と小麦粉を練り込み、
メレンゲとバターで生地を作って
カップに流し、りんごを入れて
焼成します。
紅玉りんごのあんケーキ只今焼けました!!
くわしくはホームページで


2012.11.01 Thursday | 20:37 | 工房からのおしらせ | comments(0) | maeda
自家製栗シロップ漬!!」
恒例の新栗のシロップ漬を作っています。 
熊本県の栗農家の方々が大切に
育んで来られた大地の恵みを
大自然と農家の方に感謝して
使わせていただいております。
ありがとうございます!
煮くずれしにくい様にカゴに入れて炊きます。
弱火でぐつぐつ栗が煮えるまで
グラニュー糖でシロップを作り
炊いて行きます。
炊きあがったらガラスビンに詰めて
シロップを注ぎ仕上げます。
熊本県産新栗甘露出来ました!!
原材料は栗と砂糖だけ!
保存料や着色料は無し!
本来の色と香りです。
栗饅頭や栗羊羹に使います。


2012.10.08 Monday | 19:21 | 工房からのおしらせ | comments(0) | maeda
平成24年度産新栗栗饅頭焼けました!!
 たいへんお待たせ致しました!
梅月堂の秋の名物 栗饅頭がはじまりました。
熊本県の大自然で育まれた、美味しい新栗を
自家製で栗まんじゅう用に甘露に炊いて作った季節のお菓子です。
毎日、西店工房で手作りで焼いてます。
是非。ご賞味くださいませ!!


栗饅頭の工程です。
炊いた新栗をしろあんで包みます。
しろあんは北海道産のインゲン豆を
栗饅頭用に炊いた白こしあんです。

さらに栗まんの生地で包みます。

ひとつずつ玉子を塗って、芥子の実を付けます。

オーブンにいれて、強火で焼きます。
焼き色が付いたら、ほら!出来上がり!

焼きたても良いけど、
皮とあんこがなじんでしっとりする、2日、3日目も絶品です。
1つ 315円
お詰め合わせもあります。
地方発送もヤマト便にて賜わります。


2012.10.01 Monday | 18:56 | 工房からのおしらせ | comments(0) | maeda
新栗届きました!
 今年も秋のみのりの
新栗が届きました。
今年は熊本県産の新栗です。
農家の方が真心こめて
育まれた美味し栗を
分けていたき
ありがたく使わせていただいて
おります。
煮くずれしないように
網カゴに入れて炊いて行きます。
グラニュー糖だけで
甘さを調製して
時間をかけてていねいに
ふっくら炊けました。
もうしばらくお待ちください!
梅月堂の栗饅頭
10月2日からの販売です。

2012.09.29 Saturday | 18:38 | 工房からのおしらせ | comments(0) | maeda
天然のむらさき色
 山梨県産の巨峰が届きました。
弊店では毎年今頃より
巨峰のシロップ煮を
作って一年分を瓶詰めにして
保存します。
きれいに洗って、ひと粒ずつ皮を
剥いて行きます。
皮を炊いて天然の色水をつくり
果肉といっしょに煮ます。
ガラスビンに詰めて封をして
保存します。
果肉がむらさきに染まると同時に
果肉の旨味が蜜に滲み出し
まろやかな酸味になるのを待ちます。
6ヶ月以上保存して
飲む生ぜりーや巨峰のぜりーに
生まれ変わります。
巨峰の飲む生ぜりー
1瓶 399円
くわしくは
http://baigetudou .com

2012.09.08 Saturday | 19:40 | 工房からのおしらせ | comments(0) | maeda
平野の名菓 野堂おにそぼろ!
 今から1300年前に聖徳太子が、
平野の野中に薬師堂を建立したのが
はじまりの全興寺様、
その薬師堂から町がひろがり
今の平野の町になったと言われます。
また、野堂の地名も
ここからきました。
この全興寺様の中に地獄堂があります。
中に入りと閻魔さんが出て来て
こどもたちに命の尊さと
人へのおもいやりを
気付かせてくれます。
私も平野の菓子屋として
これをお菓子で伝えたいと
焼き菓子に調製しました。
北海道産のつぶあんに玉子と白胡麻で
そぼろをつくり、まぶして焼き上げました!
胡麻の風味が香ばしい、
小振りの焼き菓子でございます。
1つ  116円
くわしくは梅月堂のホームページで


2012.09.06 Thursday | 18:22 | 工房からのおしらせ | comments(0) | maeda
Copyright (C)梅月堂, All Rights Reserved.当サイト上のすべての文章や画像などの無断転載・引用はご遠慮ください